広告




「HARIO V60 1回抽出MUGENドリッパー」を試してみました!

役立ち生活用品!
ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

蒸らしもいらず、一度お湯を注ぐだけで美味しいコーヒーができるドリッパーを買いました(^o^)

新しいコーヒードリッパーを購入したので、今までの物と比較してみました。

私はコーヒーに関しては全くの素人なのであくまで個人の見解。

多少なりとも参考になれば幸いです。

比較したのはこの3種です

①100円ショップで購入したナカヤ化学産業のドリッパー

②HARIO (ハリオ) V60 01 透過 コーヒードリッパー 1~2杯用 VD-01T

③HARIO(ハリオ) V60 1回抽出ドリッパーMUGEN コーヒードリッパー 1~2杯用 透明ブラック 日本製 VDMU-02-TB

以上の三つです

もともと100円ショップの物を使っていましたが、せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいと②のHARIO V60 01を購入して使用していました。

それほどコーヒーにこだわりがあるわけではないのですが、毎日飲むものなのでちょっとこだわってみました。

ちなみにいつも飲むコーヒー豆は徳用のブレンド。酸味が少なくて香りの良い物が好みです。

たくさん入っていて、安い物を購入します。ミルクや砂糖を入れずに飲んでいます。

ではこの三つのドリッパーを比較してみます。

まずは元々使ってた①100円ショップのドリッパー

必要最低限の機能を備えています

いつものように1杯分の豆(スプーンに1杯)を少し蒸らしてお湯を注ぎます。

お湯の温度は80度

できました。

同じように②HARIO V60 01を使用します

①と同じように少し蒸らしてお湯を注ぎます

そして最後③最近購入したHARIO V60 1回抽出 MUGEN ドリッパー!

蒸らしも必要なく、お湯を注ぐだけで美味しいコーヒーができるとのこと。

いれかたはこちらの映像をご覧下さい。

コーヒーのいれかたはとても簡単。本当に美味しくできるのでしょうか?

内側に星形のスリットがあり、とても格好いいですね!持ち手もとてもおしゃれな感じです。

v60 01と並べてみると

底の穴は ②V60 01の方が若干大きめですね。③のMUGENのほうはお湯が流れる溝がありません。

では準備して蒸らしもせず映像のように一度にお湯を注ぎます。

さて三種類のコーヒーができあがりました

三種のコーヒーを比べてみましょう

見た目はどれも同じ。色は少し③が薄く感じます。

香りはどうでしょうか。

残念ながら今回試した徳用コーヒーではほとんど香りがありません。もっと高級な豆を使わないと違いは分かりにくいですね。

①酸味を多少感じます。かといって美味しくないとかそういうわけではありません。普通に美味しく飲めます。

②は①に比べて雑味と酸味が少ないかんじ。

③他レビューでは「薄くなる」とありましたが、確かに「薄く」かんじますが、個人的には雑味がなくすっきりとしたコーヒーに感じます。

<結論>

コーヒーのプロとか専門家ではなく、ただの素人ですが、素人なりに個人の好みで選ぶとするとやはり②か③でしょうか。若干手間がかかりますが②で丁寧にいれて飲むのが一番美味しいのかもしれませんが、③一回抽出もすっきりとしてこれはこれで悪くはありません。一番簡単に作れますし(^o^)

①の100円ショップの物でも悪くはないのですが、比べてみると微妙に違いがありますね。

今回購入した③1回抽出MUGENドリッパー。金額もそれほど高い物ではありませんし、毎日のように使用する物ですから購入して良かったと思います。

今度は美味しい豆で試してみたいと思います。

お勧めの豆がありましたらご紹介下さい。なるべく安くてたくさん入ってるとうれしいです。

でもこだわり始めたらきりがないですね(^^;)

ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

酸味が少なくて香りのよいコーヒーが好みです(^o^)

    Follow me!

    コメント

    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました