広告




Amazonの中華ショップにて激安グラボを買ってみたパート2!GeForce GTX1050Ti が7,858円!! やっぱり偽物でした!その②

ガジェットレビュー
ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

その①の記事を書いてからだいぶ時間が経ってしまいました。無事に返金処理がされたので返品をしたのですが、未だ返品した商品が輸送中のため完結してはいないですが、とりあえずその②としてご報告します。

前回の記事はこちら → その①

怪しいと思いつつ購入。やっぱり偽物だった今回のGTX1050Ti。

現在EMSにて輸送中。結構時間がかかります。

購入代金は返金になりましたが、送料は自腹で立て替えています。1500円くらいだったかな。

送料も返金してもらえるのかしきりに連絡していますがスルーされてます。

送料が返金されてようやくすべて完結になるのですが、どうなることやら。

さて、前回は届いたグラボがFAKE、いわゆる偽装されたものであることを検証しました。

今回は、返金に至るまでのやりとりを紹介します。

先ずは購入履歴から返品の処理をすると、Amazonからメールが来ました。返金に応じてくれるとのことです。ただし……。

そのためには商品を返品しないといけません。DHLの保険付きでと指定されています。

DHLは使ったことなかったのですが、調べてみると結構費用がかかるではないですか!?2万円近くします(>_<)

本当に返金してくれるのか?送料も負担してくれるのか?

今度は直接ショップにAmazonのメッセージセンターからメッセージを送りました。

2日後にようやくショップからの返信が来ました

おっと、英語です。今はネットでサクッと翻訳できるのでありがたいですね。

ご購入いただきありがとうございます。
返品をご希望の場合は、誠に申し訳ございません。なぜ返品したいのか教えていただけますか?
パッケージを受け取りましたか?アイテムが壊れていませんか?または、間違ったアイテムを送信しましたか?アイテムはどうしたの?
私たちはきっとあなたに速くて満足のいく解決策を与えるでしょう。
お返事をお待ちしております^ _ ^
そして、私たちはコミュニケーションに問題はないと心から信じています。

偽装GPUであると伝えているのに、こちらの意図が伝わっていません。EMSでの返送が可能か?送料も返金してくれるのかを聞いているのに、全く的外れな回答です。

きっと、テンプレートを使って応答しているのでしょう。

返事がないよりマシですが。

ショップからのメッセージが届いてすぐに、こちらの画像を添付して以下のメッセージを送りました。

The GPU I bought was fake.
Therefore, please give me a refund.
We will ship by EMS, so please refund the shipping fee.

「EMSで送るから送料返金して下さい」という内容です。

ところが、しばらく待っても返事がありません(>_<)

こういうときはAmazon本体に助けを求めます。

Amazonのカスタマーセンターに連絡をするときにはメールではなくチャットが便利です。

仕方がないので今度はAmazonのアカウントサービスのヘルプから

チャット及び電話のところから直接連絡ができます

先ずはボットが自動で対応してくれます。

購入した商品の一覧がでますからその中から商品を選んで対応をお願いします。

今回の案件はポッドでは対応できませんので、担当者に代わってもらいます。

ほとんど待たされることなく、担当の方が対応して下さいました。

これまでのいきさつを簡単に説明しました。

ショップに連絡してもこの時点で2週間近く相手から返信がないことを伝えました。

すると、担当者の方は「確認してみます」と。……しばらくするとメッセージセンターでのやりとりを確認して、「確かにショップからの返信がないことが確認できました」と理解をして頂きました。

担当者の方から「こちらからショップにお客様に連絡をするよう伝えておきます!」と心強いお返事が。

連絡が取れないときにはマーケットプレイス補償の対象になるかもしれないので確認して下さいと言われました。あくまでも「なるかもしれない」ので「お客様の方で確認して」との事です。

送料の返金問題も、ショップとのやりとりの中で確認して下さいとのこと。あくまでもAmazonサポートはショップとユーザーとの間のサポートをするということですね。できれば間に入って聞いて欲しいのですがそこまではしてくれません。

それから2日後、ショップからメッセージが届きました!今度は日本語のコメント付きです。

送料を返金してくれるのかと言う質問には今回も答えてくれません。

トラックコードと、運送業者名を教えてくれとのことなので、教えてあげたら返金してもらえるのでしょうか。

その数時間後にAmazonからメールが来ました。

なんと返金手続きをしてくれたようです

まだ商品は返品してませんが。

これで一安心です。

手元に偽装GPU。おそらくGeforce GT545あたりと思われるグラボが手元にあります。

返品せずに、これもらってしまっていいのでしょうか。

しかし、時間がかかったとは言え、ショップ側でも返金処理という誠意を示して下さったので、こちらもそれに応えねばなりません。

Amazonの購入履歴から返送用ラベルを表示して印刷します

近所の郵便局EMSの用紙をもらってきて記入しました。

中国の住所なので書き方がよく分からなかったのですが、丁寧梱包して、それらしく記入し多様師を持持って郵便局へ行きましたが……。

郵便局の窓口の人曰くEMSは手書きよりスマホアプリの方が早くて確実に届きますよとのこと。

オンラインで登録した方が、税関や手続きがスムーズなのだそうです。

なんだ、早く言って欲しかった!

国際郵便マイページサービス ←実際はアプリではなく郵便局のサイトで登録します

PCでもできますが、PCでは宛名を印刷する仕様です。

スマホは郵便局にあるゆうプリタッチという機械でスマホのQRコードを読み込むと、宛名を印刷してくれて、それを持って行くとEMSの荷物を受け取って手続きしてくれます

確かにスマホの方が楽です!PCのように何枚も印刷する手間がいりません。

DHLの保険付きでは2万円近くする送料が、EMS(国際郵便)は1,540円で発送できました。

AmazonのメールサービスでショップにEMSで発送し、その番号と、送料が日本円で1,540円かかったことをお伝えしました。

すると

拝啓お客様、
すでに返金済みです。
アカウントをご確認ください。
よろしくお願いします、
————————————————————
the following message is from the seller ***-JP, order number: 250-****-****.
Dear Customer,
We have refunded to you already.
Please kindly check your account.
Best regards,

そんなことは分かっています。

確認できたので返品したんです。

海外とのやりとりは本当に面倒です。

最後にこちらからは、返金確認して返品したから送料を返金して欲しい!と連絡しましたがそれ以来返事がありません。

実際、返品した商品も輸送中のため、無事に商品が相手側に届いても返事がなければもう一度Amazonカスタマサポートに連絡するつもりです。

ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

ということで、果敢に激安グラボの購入に突撃したわけですが、泥沼化した展開にはまってしまっています。無事送料の返金を勝ち取ることができるのでしょうか?

結果はその③でご紹介します。

    Follow me!

    コメント

    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました