広告




雨の本牧海釣り施設へ行ってきました!2022年4月4日 沖桟橋の修復が完了してました!! 

釣り&散歩
ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

冷たい雨が降る中ではありましたが、3月22日から沖桟橋の修復が完了して利用が可能とのことでしたので、早速春休みの子供と行ってきました。

昨年8月にきた時の記事 (← こちらをクリック) とその時の写真です

昨年はまだ桟橋の工事中でした

朝3時に起きて車で移動!

到着したのは4時半過ぎ。当然あたりは真っ暗。小雨が降っています。

本日の予報は雨100%。どうしようか迷ったのですが、「子供に聞いたら全然大丈夫だよ!」とあっけらかんとしているので、じゃあ行こう!とやってきました。

駐車場にはすでに車は6台ほど。順番待ちの荷物は10番目あたりに置いてきました。

5時半から入場チケット販売開始。ようやくあたりも明るくなり、車の数も増えてきました。

こんな寒い雨なのに、朝早くからみなさんすごいですね。人の事は言えませんが。

台風で破壊され、昨年の夏に来た時には仮設の建物でチケットを販売していましたが、もうその小屋もなく、建物も元通りになっていました。

券売機は二つ。ラーメン屋さんのチェーン店並みに沢山のボタンがありますが、ほとんど使用していません。今後もそんなに使用することはないでしょう。

チケットを購入し、6時の開館時間になったので、並んで入場。

雨は小雨。風はあまり強くないので、思ったより寒さは感じません。

完成した沖桟橋。台風で完全に破壊された渡桟橋は以前のものより頑丈に作られているような気がします。

新旧護岸への入り口には立派な金属の扉がありました。

流石に今日は釣り人も少ないですが、ほとんどが沖桟橋の外側で釣りをしています。みんな考えることはおんなじですね。

この日が来るのをずっと待っていたんです。

よく見ると修繕したところだけ金網が新しくなっていますね。

縁の丸パイプ。以前は錆びてボロボロだったのですが、これも新しくなっていました。

建物の中もすっかり元通り。ただし、コロナの影響でそばやの前の休憩所はテーブルと椅子の数が少なくなっていました。

冷たい雨の中で震えながら釣りをしていました。ようやくコノシロが1匹釣れました。

隣のおじさんたちも釣っていましたが、みんなリリースしてました。小骨が多くて好まれない魚のようですが、私はせっかくなので持って帰って酢でしめて食べました。何と、子持ちのコノシロで、焼きタラコのようにして美味しく頂きました。

今日は幸いなことに、雨も小雨程度、風もあまり強くないのでまだ何とか釣りができますが、これ以上風が吹き、雨脚が強くなったら釣りどころではありません。

1時間おきに放送で415名以上入場されたら釣りの制限がありますと言ってましたが、こんな日は絶対そんなに人は来ません。

夜に施設のサイトを見ると、本日の入場者数は78名。このお天気でもそんなに来られてたんですね。

本牧海釣り施設のサイト → この日の釣果

今日は段々と冷えてきて、手が悴んでしまい、餌がつけられないんです。サビキのカゴにコマセを仕込むのもやっと。子供とのスケジュールが合わずに年に数回しか来られない、せっかくの釣りなのですが、そこまで我慢して釣るのもどうかと思い、午前中早々に引き上げました。

結局釣果はコノシロ1匹のみ。カサゴも狙っていたんですが、桟橋よりは護岸でヒットしているようですね。

護岸で釣りをしている人はほとんどいませんでした。

波は穏やかだったのですが、潮の流れが早くて釣り糸が結構流されてしまい、ちょっと釣りにくく感じたのは私だけでしょうか。渡桟橋方向から沖桟橋の奥方向へ潮が流れている感じでした。

家に戻ってから気がついたのですが、二階?の休憩所を確認するのを忘れていました。

海が一望できて長めもよく、ゆっくり休憩できる場所があったです。外から見ると照明がついていたのでおそらく使用できたのではないかと思うのですが。あまりの寒さに余裕もなくて、そそくさと帰ってきてしまいました。また次回確認ですね。

という事で、今回は2019年の台風で破壊された施設が、ようやく全て使用可能になったよ!というお話でした。

ぶっちい少佐
ぶっちい少佐

今回はお天気が悪くて、大変でしたが暖かくなったらまた来たいと思います。

    Follow me!

    コメント

    PAGE TOP
    タイトルとURLをコピーしました